posted by admin on 2月 20

高校に進学した後、さてどうしようかと思った時に、進む道はいくつかあります。そのまま就職する、専門学校へ進学する、大学や短期大学へ進学するという方法です。普通高校でなく、様々な技能がつけられる高校であれば、そのまま技能を活かして就職するのもいいかもしれません。早く社会に出ることで、礼儀やキャリアが身につくでしょう。まだ学びたいという意欲があったり、逆に何をしたらいいのか分からないという人は、就職せずに更に進学するという進路があります。
多くの大学や短期大学では、初年度はだいたい一般教養などのおおまかな基礎を学び、後半からそれぞれ望む分野の専門的知識を身に着けるために勉強します。職種によっては、大卒であることが求められたり、初任給に差があったりするので、目的を持って進学するなら後々役に立つかと思われます。

vps hosting